Home
->  12月開催 その他セミナー 

演習で学ぶ拒絶理由通知への対応

12月開催 その他セミナー  更新日:2018年11月 1日
 セミナー番号【812508】12/18 講師1名
★知財部に配属され間もない方、または経験はあるが拒絶対応不慣れな方の必須講座!!
★拒絶理由通知から何を、どう読み解くかポイントを詳解!!
★主張を曲げず、審査官に上手く説明するテクニックとは!!

演習で学ぶ拒絶理由通知への対応


■ 講師
アーネスト国際特許事務所
所長 武田 寧司 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成30年12月18日(火) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 : 1名につき50,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕



プログラム

<10:00~17:00>


演習で学ぶ拒絶理由通知への対応

アーネスト国際特許事務所 所長 武田 寧司 氏

【講演趣旨】
より良い権利を取得するためには明細書作成が重要であることは言うまでもありません。 しかしながら、既に書かれている明細書の中から拒絶理由をかいくぐってどれだけ事業に有効な権利を取得するかは拒絶理由通知に対する対応の如何にかかってきます。そうした重要な手続きであるにもかかわらず、応答の仕方が不慣れな場合には求める結果が得られず、またある程度の経験があっても、本当に有効な対応手段が取れていたかに疑問がある場合もあろうかと存じます。本講演では、基礎知識の提供に加え、簡単な模擬事例に基づく演習を通じて、より良い対応の仕方考をえる場を提供します。


【講演項目】

1.拒絶理由通知とは

2.拒絶理由通知の種類

3.拒絶理由通知の記載事項

4.拒絶の理由
 4-1.新規性、進歩性
 4-2.拡大先願
 4-3.先願
 4-4.実施可能要件
 4-5.サポート要件
 4-6.明確性要件
 4-7.簡潔性要件
 4-8.発明の単一性
 4-9.発明の成立性
 4-10.産業上の利用可能性
 4-11.その他

5.拒絶理由通知に対する対応  ※演習を含む
 5-1.手続補正書
 5-2.意見書
 5-3.その他

6.拒絶理由通知後の手続き

7.諸外国の拒絶理由通知

【質疑応答・名刺交換】