Home
->  12月開催 化学系セミナー 

フッ素系材料の特性、分子設計と応用技術

12月開催 化学系セミナー  更新日:2018年11月 1日
 セミナー番号【812213】12/19 講師4名
★ 撥水・撥油性、耐熱性、絶縁性、耐薬品・溶剤性、、、
フッ素の構造が特性にどう影響するか? 種類、反応メカニズムから規制動向まで徹底解説!

フッ素系材料の特性、分子設計と応用技術


■ 講師
1. 畿央大学 健康科学部 健康栄養学科 教授 山本 隆 氏
2.
茨城大学 理工学研究科(工学野) 物質科学工学領域 教授 工学博士 久保田 俊夫 氏

3. (公財)相模中央化学研究所 精密有機化学グループ 井上 宗宣 氏
4. ダイキン工業(株)  テクノロジー・イノベーションセンター 主任技師 博士(工学)  森田 正道 氏
■ 開催要領
日 時 :
平成30年12月19日(水) 10:00~17:35

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき60,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00~13:00】

1.フッ素材料の基礎と材料設計・応用開発技術

(株)FT-Net 代表取締役会長 工学博士 松尾 仁 氏

 
1.フッ素系材料入門
 1-1 フッ素の位置づけ
 1-2 フッ素の歴史
 1-3 フッ素の特長
 1-4 フッ素ツリー
 1-5 環境問題 

2.エネルギー分野
 2-1 リチウム二次電池 電解質、添加剤、セパレーター
 2-2 フルオライドイオン電池
 2-3 燃料電池

3.エレクトロニクス分野 
  3-1 OLED
  3-2 センサー

4. 表面改質材分野
 4-1 Tribology
 4-2 撥水撥油剤
 4-3 超撥水撥油材

5.機能性膜分野
 5-1 分離膜
 5-2 イオン交換膜

6.ライフサイエンス分野
 6-1 医薬
 6-2 PET
 6-3 その他

7.おわりに

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:15~14:35】

2.含フッ素有機化合物の合成・構造と応用

茨城大学 理工学研究科(工学野) 物質科学工学領域 教授 工学博士 久保田 俊夫 氏

 
1.有機フッ素化合物の性質

2.有機フッ素化合物の反応

3.有機フッ素化合物の合成

4.フッ素の特性を生かした応用展開 
 4-1 透明性材料
 4-2 耐熱性材料
 4-3 農薬、医薬品の開発

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:45~16:05】

3.有機フッ素化合物(主に医農薬や液晶)の特性と合成法

(公財)相模中央化学研究所 精密有機化学グループ 井上 宗宣 氏

 
1.含フッ素官能基の導入法の開発
 1-1 トリフルオロメチル基  
 1-2 ジフルオロメチル基
 1-3 モノフルオロメチル基   
 1-4 トリフルオロメタンスルホニル基

2.フッ素化反応の応用展開
 2-1 医農薬
 2-2 香料
 2-3 液晶
 2-4 高分子モノマー

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【16:15~17:35】

4.フルオロアクリレート系ポリマーの特性と応用展開

ダイキン工業(株)  テクノロジー・イノベーションセンター 主任技師 博士(工学)  森田 正道 氏

 
1.撥水撥油性、フッ素系コーティング剤の基礎知識
 1-1 表面自由エネルギーの基礎
 1-2 フッ素系コーティング剤の種類と特性
 1-3 フッ素系コーティング剤に用いられる溶剤

2.フルオロアクリレート系ポリマーの静的・動的表面特性の基礎
 2-1 ポリマー分子設計(主モノマー・コモノマーの選択、相構造の制御)
 2-2 撥液性評価方法(転落角、転落速度、水中接触角)
 2-3 構造解析(表面元素分析、結晶性)

3.防水・防湿コーティング剤 3-1 電子デバイスの防水・防蝕性に最適なコーティング剤の設計とは?
 3-2 スマートフォン、タブレットへの応用

4.インクジェットプロセス用撥液剤
 4-1 これが次世代有機ELディスプレイのコストダウンの決め手!
                   撥液性と現像性の両立、量産適合性

5.超撥液コーティング
 物理的表面改質による撥液性向上の基礎、超撥液性と耐久性の両立

6.環境規制
 6-1 PFOS・PFOA問題の動向
 6-2 対策例

【質疑応答】
フッ素 樹脂