Home
->  12月開催 化学系セミナー  1月開催 化学系セミナー 

自動車窓ガラスの樹脂窓化と耐摩耗性、耐候性の向上

1月開催 化学系セミナー  更新日:2018年11月 1日
 セミナー番号【901222】1/21 講師3名
★ガラスメーカーが考える自動車窓へ求める機能とは?
★自動車の要求に応える硬度、耐摩耗性、耐擦傷性を達成するには?

自動車窓ガラスの樹脂窓化と耐摩耗性、耐候性の向上


■ 講 師


1.防衛大学校 電気情報学群電気電子工学科 教授 大越 昌幸 氏

2.(株)DNPファインケミカル 技術開発第3本部 シニアエキスパート 塩田 聡 氏

 

3.セントラル硝子(株) 硝子研究所 副所長 高松 敦 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成31年1月21日(月) 10:00~15:30

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル8F 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円〕


※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00-11:30】

1.レーザー誘起光化学表面改質によるハードコートへの耐摩耗性の付与と樹脂窓応用

●講師 防衛大学校 電気情報学群電気電子工学科 教授 大越 昌幸 氏
【専門】 レーザー応用工学

 
【講座の趣旨】
シリコーン系ハードコートが施されたポリカーボネート上に、真空紫外パルスレーザーを
照射することにより、透明保護膜を光化学的に形成する手法とその耐摩耗性、クラック抑制法、ならびに
自動車用樹脂窓への適用の可能性について紹介する。

【講演項目】

1. 真空紫外レーザーによるシリコーンの光化学表面改質
 1-1 シリコーン
 1-2 シリコーンの表面改質手法
 1-3 改質層の化学結合状態と改質深さ
 1-4 表面改質のメカニズム

2.ポリカーボネート上への透明硬質保護膜の形成
 2-1 ポリカーボネートとシリコーン系ハードコート
 2-2 透明硬質保護膜の形成手法
 2-3 透明硬質保護膜の化学結合状態と膜厚
 2-4 透明硬質保護膜の耐摩耗性
 2-5 透明硬質保護膜のクラック抑制
 2-6 樹脂窓への適用

3.ハードコートのより高機能化のために
 3-1 超撥水性の付与
 3-2 金属薄膜の形成
 3-3 まとめ

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:15-13:45】

2.耐候ハードコート転写フィルムを使用した製品の特徴及び材料設計

●講師 (株)DNPファインケミカル 技術開発第3本部 シニアエキスパート 塩田 聡 氏

 
【講演項目】
1.UVハードコート材料の展開
 1-1 市場ニーズ
 1-2 ハードコート用材料の種類
  1-2-1 有機系材料の構成
  1-2-2 有機・無機ハイブリッド系材料の構成
 1-3 必要特性
  1-3-1 耐擦傷性
  1-3-2 硬化収縮の抑制
  1-3-3 柔軟性付与
  1-3-4 光学特性

2.ハードコート材料の開発事例
 2-1 超耐候ハードコート、ガラス代替への応用
  2-1-1 概要、想定用途
  2-1-2 グレージング用途への展開
  2-1-3 転写フィルム
 2-2 成型タイプ
  2-2-1 インモールド成型用
  2-2-2 真空成型用

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:00-15:30】

3.自動車用窓ガラスに求められる特性と機能付与

●講師 セントラル硝子(株) 硝子研究所 副所長 高松 敦 氏

 

【習得できる知識】
自動車窓ガラスにおける一般的知識と動向

【講座の趣旨】
自動車は現在、自動運転化とパワートレインの進化という2つの大きな流れにけん引されて、
大きく変化している。自動車用の窓ガラスも単なる透明部材としてのみならず、さまざまな
機能を併せ持つ高機能性部材として進化している。ドライビングの安全性を高めるHUD、快適性に
寄与する遮熱ガラス、人体に有害な紫外線を遮蔽するUVカットガラスなどの機能がその一例だが、
その実態はあまり詳細に解説されていない。
本発表では自動車窓に用いられるガラスの組成、製造方法、必要とされる特性といった基礎的情報から、
HUD用ガラス、撥水ガラス、遮熱ガラス、遮音ガラス、UVカットガラス、軽量化動向といった高機能性
ガラスの種類と特性を解説する。また、現在の業界の動向にふれるとともに、今後の自動車用の
窓ガラスに必要とされるであろう機能や特性を予測する。

【講演項目】
1.ガラスの基礎
 1-1 ソーダライムガラスとは
 1-2 板ガラスの生産方法(フロート法)

2.自動車用窓ガラス(安全ガラス)
 2-1 自動車用ガラスの種類(合わせガラス、強化ガラス)
 2-2 自動車用ガラスの製造方法
 2-3 自動車用ガラスの変遷(色)
 2-4 自動車用ガラスの変遷(厚さ、軽量化)

3.自動車用窓ガラスに求められる特性
 3-1 各国の法規制
 3-2 合わせガラスに求められる特性
 3-3 強化ガラスに求められる特性
 3-4 実用上のハードル

4.自動車用の高機能性ガラス
 4-1 HUD(ヘッドアップディスプレイ)
 4-2 撥水ガラス
 4-3 遮熱ガラス
 4-4 紫外線遮蔽ガラス
 4-5 遮音ガラス
 4-6 その他

5.今後の高機能性ガラス
 5-1 社会環境の変化と求められるニーズ
 5-2 各機能ガラスの進化・新しい機能性ガラス

6.まとめ

【質疑応答】