Home
->  12月開催 化学系セミナー  1月開催 化学系セミナー 

量子ドットの特性、合成技術と応用展開

1月開催 化学系セミナー  更新日:2018年11月 1日
 セミナー番号【901211】1/10 講師4名
★ ディスプレイ、照明、太陽電池、、、最新の市場・開発動向と現状の課題とは?
★ 粒径のコントロール、分散技術からCdの規制動向まで徹底解説!

量子ドットの特性、合成技術と応用展開


■ 講師
1. 東北大学 多元物質科学研究所 教授 博士(工学) 小俣 孝久 氏
2.
神戸大学 大学院工学研究科 電気電子工学専攻 電子物理講座 教授 博士(理学) 藤井 稔 氏

3. 横浜国立大学 大学院工学研究院 機能の創生部門 固体の機能分野 教授 工学博士 向井 剛輝 氏
4. NSマテリアルズ(株) 執行役員CTO 宮永 昭治 氏 
■ 開催要領
日 時 :
平成31年1月10日(木) 10:00~17:35

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき60,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00~12:00】

1.カドミウムフリー量子ドット;材料,合成,特性とその応用

東北大学 多元物質科学研究所 教授 博士(工学) 小俣 孝久 氏

 
1.量子ドットにおけるカドミウムフリー化
 1-1 CdSe量子ドットの特性
 1-2 Cd量を低減した量子ドット
 1-3 カドミウムフリー材料のバリエーション

2.InP量子ドット
 2-1 合成法
 2-2 発光特性
 2-3 課題と解決策

3.I-III-VI2量子ドット
 3-1 I-III-VI2量子ドットのポテンシャル
 3-2 (I-III-VI2)-(II-VI)混晶半導体量子ドット
 3-3 CuInSe2量子ドット
 3-4 CuInS2量子ドット
 3-5 AgInS2量子ドット

4.新しい化合物半導体量子ドット
 4-1 ZnTe系量子ドット
  4-1-1 ZnTe系量子ドットのポテンシャル
  4-1-2 ZnTe-ZnSe量子ドット
  4-1-3 ZnTe-ZnS量子ドット
 4-2 酸化物半導体

5.有機-無機ハイブリッドPbペロブスカイト量子ドット

6.波長変換,自発光素子への応用例

7.おわりに

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:40~14:10】

2.単分散シリコン量子ドットの開発と発光特性

神戸大学 大学院工学研究科 電気電子工学専攻 電子物理講座 教授 博士(理学) 藤井 稔 氏

 
1.シリコン量子ドットとは

2.シリコン量子ドットの作製

3.発光特性

4.シリコン量子ドット-ポリマーコンポジット

5.光・電子デバイス,バイオ応用

6.おわりに

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:20~15:50】

3.半導体量子ドットの形成と光デバイスへの応用

横浜国立大学 大学院工学研究院 機能の創生部門 固体の機能分野 教授 工学博士 向井 剛輝 氏

 
1.化学合成量子ドット(QD)

2.量子ドット特性
 2-1 3次元的構造対称性
 2-2 発光波長
 2-3 発光効率均一性の制御

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【16:00~17:30】

4.量子ドット蛍光体デバイスの展望

NSマテリアルズ(株) 執行役員CTO 宮永 昭治 氏 

 
1.量子ドット(QD)とは

2.次世代ディスプレイ
 2.1 次世代ディスプレイに求められる社会的背景
 2.2 次世代ディスプレイに求められる技術的背景

3 QDディスプレイ
 3.1 液晶ディスプレイ(LCD)向け白色バックライトへのQD応用
 3.2 将来有望なQDディスプレイ

【質疑応答】