Home
->  11月開催 化学系セミナー 

建築用接着剤の 材料設計と耐久性評価、最新事例

11月開催 化学系セミナー  更新日:2018年10月 2日
 セミナー番号【811213】11/21 講師2名
★ 防水性、耐震性、耐候性など様々な要求特性への対応から 耐久性の試験ノウハウ、
最新の規制対応までじっくり解説します!

建築用接着剤の 材料設計と耐久性評価、最新事例


■ 講師
1. セメダイン(株) 執行役員 技術本部長 秋本 雅人 氏
2.
(国研)森林研究・整備機構 森林総合研究所 企画部 研究評価科 科長 博士(農学) 塔村 真一郎 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成30年11月21日(水) 10:30~16:30

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:30~14:15】

1.建築用接着剤の特性とその耐久性

セメダイン(株) 執行役員 技術本部長 秋本 雅人 氏

 
【講座趣旨】
 建築用途として使用される接着剤は、大きく建築現場において使用される接着剤と、工場での部材組み立て、貼り合わせに使用される接着剤に大別される。このうち、特に現場で使用される接着剤は、床、壁、天井、基礎、あるいは外装化粧材などあらゆる部材の接着に加えて、防水性、耐震性、耐候性、高耐久性、環境対応など様々な要求品質に適応することが求められるため、接着剤として使用される素材、硬化システムなども非常に多岐にわたっている。本講座では、各々の具体的な接着剤について、工事の実例とともに簡単に取り上げるとともに、耐久性を含めた試験方法や、環境に対する取り組みなどを紹介する。また、これからの建築の課題とそれに対する接着剤としての今後の展開について考察する。


1.建築用接着剤の概要
 1-1 建築用接着剤の動向
 1-2 建築用接着剤の種類
 1-3 用途と環境条件への適用
 1-4 適用規格
2.各工事の概要と要求特性
 2-1 壁・天井工事
 2-2 床工事
 2-3 タイル・石材の接着
 2-4 耐震工事
 2-5 外壁補修工事

3.評価・試験方法
 3-1 現場確認試験法
 3-2 環境促進試験
 3-3 長期耐久性試験

4.環境への取り組み
 4-1 建築基準法に対する適用
 4-2 揮発性化学物質に対する適用

5.建築市場の課題と接着剤の今後の展開
 5-1 国内建築市場の動向
 5-2 接着剤に求められる性能と技術動向


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:30~16:30】

2.木質材料用接着剤の性能とその評価

(国研)森林研究・整備機構 森林総合研究所 企画部 研究評価科 科長 博士(農学) 塔村 真一郎 氏

 
【習得できる知識】
 ・日本の森林資源と木材利用の現状
 ・木材用接着剤の種類と用途
 ・木質材料の種類と接着性能評価
 ・CLTについて

【講座趣旨】
 近年木造建築物や木質内装など木材を積極的に利用する動きが高まっている。 また木造でビルが建てられるCLTという新しい木質材料も注目を集めている。 これら木質材料に欠かせないのが接着剤であり接着技術である。  木材と木材用接着剤、及びそれらの接着技術や性能評価についての知識を身につけることで、安全で安心な木材利用を推進する。

1.日本の森林と木材産業の現状
 1-1 日本の森林蓄積量
 1-2 木材需給の動向
 1-3 国産材の利用推進

2.様々な木質材料と接着剤
 2-1 木質材料の種類と用途
 2-2 木質材料用接着剤
 2-3 木材接着のメカニズム

3.木材用接着剤の種類と特徴
 3-1 木質材料用接着剤の分類
 3-2 ホルムアルデヒド系接着剤
 3-3 イソシアネート系接着剤
 3-4 その他の接着剤

4.木質材料の接着性能評価
 4-1 接着性能評価法
 4-2 合板の接着性能評価
 4-3 集成材の接着性能評価

5.使用環境と接着性能
 5-1 構造用木質材料
 5-2 使用環境と接着性能
 5-3 接着剤の同等性評価

6.ホルムアルデヒド・VOC
 6-1 シックハウス問題はなぜ起きたか
 6-2 ホルムアルデヒド系樹脂の化学構造
 6-3 木質材料とホルムアルデヒド放散
 6-4 木質材料用接着剤とVOC

7.CLTについて
 7-1 CLTとは
 7-2 CLTを使った建築物
 7-3 CLTの接着性能評価

【質疑応答】