Home
->  11月開催 その他セミナー  12月開催 その他セミナー 

BtoB企業における潜在ニーズの発掘と研究開発テーマへの落とし込み方

11月開催 その他セミナー  更新日:2018年9月28日
 セミナー番号【812507】12/10 講師2名
★顧客ニーズを先取りし、自社独自の商品やサービスを生み出す方法とは!!

BtoB企業における潜在ニーズの発掘と研究開発テーマへの落とし込み方


■ 講師
1.
(株)日本能率協会コンサルティング 技術戦略センター チーフコンサルタント 池田 裕一 氏

2. 横河電機(株) 常務執行役員 兼 マーケティング本部 本部長 阿部 剛士 氏
■ 開催要領
日 時 :
平成30年12月10日(火) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 : 1名につき50,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕


プログラム

<10:00~15:15>


【第1部】BtoB企業における潜在ニーズの発掘と研究開発テーマへの落とし込み方

(株)日本能率協会コンサルティング  池田 裕一 氏


【講演趣旨】
BtoB企業におけるマーケティング業務の重要性は急激に高まっています。顧客企業の事業環境の変化に伴い、自らが積極的に顧客のニーズを創造したり、潜在ニーズに基づく自社独自の商品やサービスを生む必要が強まっています。 本講演では、法人向けビジネスや素材・部品・機器など生産財ビジネスにおいて研究開発や技術開発の中でマーケティングの知識・スキルが求められる方々に対して、潜在ニーズ発掘の仕方と研究開発テーマへの落とし込み方について知識を学び、業務の流れを体系立てて理解することを目的にしています。

【講演項目】

1.BtoBビジネスBtoC(消費者)ビジネスの違いと共通点

2.顧客分析  
  2-1.BtoBビジネスにおける顧客の種類  
  2-2.顧客ニーズの分析  
  2-3.潜在ニーズの種類と発掘   
   2-3-1.将来ニーズ調査   
   2-3-2.上位ニーズ抽出   
   2-3-3.当たり前の打破   

[演習1]    
 1.顧客プロセス分析   
 2.発表、講評

3.研究開発テーマへの落としこみ  
  3-1.新製品の企画開発プロセス  
  3-2.製品コンセプト設定(仮想カタログ作成)  
  3-3.ニーズ/シーズ変換法

【質疑応答・名刺交換】
-------------------------------------------------------------------------------------

<15:30~17:00>


【第2部】横河電機における潜在ニーズ発掘と研究開発テーマへの活かし方

横河電機(株) 阿部 剛士 氏


【講演趣旨】
A VUCA Worldを生き抜くために今年で創業103年目を迎える企業が、どのように継続したイノベーションを創出していこうとしているのか、その変革への挑戦をデジタル時代の人財と組織開発も含めて、R&Dの在り方や新しいマーケティングの在り方を中心にご紹介する。 今、世界を取り巻く環境は大きく、しかも高速に変化している。今年2018年はちょうど明治維新150年だが、この150年で起こった技術の進化とそれによる社会の変化は著しい。この150年の変化と同等の影響力を持つ変化は、次の15年で起こるだろう。 技術のマネージメントはますます混迷を極めるが、横河電機での新しいR&D、並びにオープン・イノベーションの取り組みと将来あるべきR&Dの姿を共有する。
【講演項目】
1.会社概要紹介

2."A VUCA World"とデジタル技術インパクト  
  2-1.デジタルトランスフォーメーションの取り組み  
  2-2.OT& ITの融合  
  2-3.デジタル革命

3.構造の激変と課題解決型事業への変革  
  3-1.ビジョン  
  3-2.スピード - "Make or Buy?"  
  3-3.R&Dの在り方  
  3-4.新マーケティング  
  3-5.Zeroから"1"を生み出す2階建列車方式

4.人財と組織改革  
  4-1.21世紀に求められる人財像  
  4-2.多様性 - 異なる能力と知識の取り込み

5.新事業への挑戦

6.まとめ   
  6-1.VUCA時代の企業変革に求められること

【質疑応答・名刺交換】