Home
->  10月開催 その他セミナー 

IPランドスケープの手法と効果的な活用の仕方

10月開催 その他セミナー  更新日:2018年9月 6日
 セミナー番号【810508】10/23 講師2名
★どのようにしてIPランドスケープを進めて行けばよいか!
★知財部から経営、事業戦略に提言する組織の作り方とは!!
★自社特許の強みを活かし、新規事業にどう結び付けるか!!

IPランドスケープの手法と効果的な活用の仕方


■ 講師
1.
KIT虎ノ門大学院(金沢工業大学大学院) イノベーションマネジメント研究科 教授・Ph.D. 杉光 一成 氏

2. 積水化学工業(株) R&Dセンター知的財産グループ(つくば) AIPE認定知的財産アナリスト 梶間 幹弘 氏
■ 開催要領
日 時 :
平成30年10月23日(火) 10:30~16:30

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 : 1名につき50,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕


プログラム

<10:30~12:30>


【第1部】IPランドスケープとマーケティング・ツールとしての知的財産

KIT虎ノ門大学院(金沢工業大学大学院) 杉光 一成 氏


【講演趣旨】
知的財産(権利のみならず特許情報等も含む。以下「知財」)をリスクマネジメントという消極的観点ではなく、ビジネスを成功させるという積極的な目的のため、具体的には「マーケティング」のための強力かつ有力なツールとして捉える基礎理論を提供する。具体的には、ビジネススクール等で学ぶ「マーケティング論」の基礎知識とそのフレームワークの中での知財活用の方法について、最近、特にマーケティング・リサーチの一種としても注目を集めている「IPランドスケープ」の概念に重点をおいて解説する。

【講演項目】

1.マーケティングとは何か

2.マーケティングと知財の関係

3.マーケティング・リサーチ(最新手法としての「IPランドスケープ」等)

4.STPマーケティングと知財

5.マーケティング・ミックス(製品戦略,価格戦略,流通戦略,プロモーション戦略)と知財

6.ブランド論

7.「技術ブランド」と知財

8.製品ライフサイクル論と知財

9.知的財産ミックス戦略と知的財産ミックス戦術 等

【質疑応答・名刺交換】
-------------------------------------------------------------------------------------

<13:30~16:30>


【第2部】積水化学におけるIPランドスケープ活用事例

積水化学工業(株) 梶間 幹弘 氏


【講演趣旨】
近年、「IPランドスケープ」というキーワードが取り上げられており、特許情報を用いた事業競争環境の分析等、主に特許情報を用いた分析に取り組む企業が増えている。弊社、積水化学においては、2012年より、競合丸裸活動と称した、IPランドスケーピング業務を開始。現在は分析、戦略立案、出願のすべての業務を知財担当が担う「戦略知財活動」と名を変え、日々の業務に当たっている。そこで、当発表では、その活動の紹介と実践事例、そこで考えた実践上のポイントについて発表。また後半部では聴講される方々との意見交換を交えながら、相互の活動のレベルアップを図っていきたい。
【講演項目】
1.積水化学工業の紹介
  1-1.積水化学工業紹介
  1-2.知的財産グループの体制

2.弊社「戦略知財部員活動」の紹介
  2-1.取組み経緯
  2-2.現在の体制、評価、マネジメント方法

3.ランドスケープ業務の実践事例

4.組織的展開、実践上のポイント
  4-1.組織展開のステップ
  4-2.IPランドスケープ業務の貢献領域
  4-3.実践上の課題とは?

【質疑応答・名刺交換】