Home
->  5月開催 化学系セミナー 

高分子の摩擦・摩耗メカニズムとその評価

5月開催 化学系セミナー  更新日:2018年4月 3日
 セミナー番号【805214】5/31 講師4名
★摩擦特性に影響を与える因子とは?高温下での評価、測定値のバラツキへの対応までじっくり解説!

高分子の摩擦・摩耗メカニズムとその評価


- 複合化・フィラー添加・樹脂改質による制御 -

■ 講師
1. 福井大学 副学長 兼 大学院工学研究科 機械工学専攻 教授 工学博士 岩井 善郎 氏
2.
豊橋技術科学大学 機械工学系 准教授 博士(工学) 竹市 嘉紀 氏

3. 横浜国立大学 大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門 准教授 中野 健 氏
4. NTN精密樹脂(株) 技術部 自動車商品課 課長 石井 卓哉 氏
■ 開催要領
日 時 :
平成30年5月31日(木) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき60,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円(税抜)〕


プログラム


【10:00-11:30】

1.トライボロジー材料としてのプラスチックの基礎物性と摩擦摩耗特性

福井大学 副学長 兼 大学院工学研究科 機械工学専攻 教授 工学博士 岩井 善郎 氏

 
【講座趣旨】
・摩擦・摩耗の基礎(大学学部レベル)
・各種材料の摩耗特性とその評価の基礎(考え方)
・摩耗損傷のモニタリング法
・摩耗損傷(表面損傷)の評価と解析法
 (聴講生が抱えている摩耗問題の解決の糸口が見つかる可能性もある)

1.摩擦摩耗の基礎
 1-1 表面の性質と接触
 1-2 摩擦とそのメカニズム
 1-3 潤滑とそのメカニズム

2.摩耗のメカニズム
 2-1 摩耗の分類と形態
 2-2 凝着摩耗、アブレシブ摩耗、 腐食摩耗、疲労摩耗
 2-3 エロージョン

3.プラスチック材料の摩擦摩耗
 3-1 プラスチック材料の摩擦摩耗試験方法
 3-2 プラスチック材料の摩擦摩耗特性の特徴
  3-2-1 樹脂材料
  3-2-2 複合材料
 3-3 プラスチック材料の摩擦摩耗と材料特性の関係
 3-4 摺動(トライボロジー)部品への応用例

4.摺動面損傷の評価解析法と耐摩耗設計
 4-1 硬さ、表面粗さ、顕微鏡観察などの計測・解析法
 4-2 耐摩耗設計の考え方

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------


【11:40-13:10】

2.高分子トライボマテリアルにおけるフィラー添加による摩耗

豊橋技術科学大学 機械工学系 准教授 博士(工学) 竹市 嘉紀 氏

 
【習得できる知識】
 ・トライボロジー用途の高分子(プラスチック)材料用のフィラーの種類と機能
 ・PTFEにおける摩耗低減メカニズム


【講演趣旨】
 摩擦摩耗を減らすことは持続可能な社会にとって欠かせない命題となっています.一方で,オイルレス化の傾向に見られるように,環境負荷の低減も必須の課題です.潤滑油を使わずに摩擦摩耗を減らさざるを得ないとき,固体潤滑が有力な手段となり,中でもプラスチックに代表される高分子材料は大変有力なトライボマテリアルとなっています.一方,プラスチック材料はそのままでは摩耗量が多く,摩耗量を低減するために色々なフィラーを添加することで,耐摩耗性を向上させる事がなされています.本講座では,しゅう動部に用いられるプラスチック材料用のフィラーの種類やその機能を紹介し,PTFEを取り上げ,フィラーが摩耗量を低減するメカニズムを学びます.また,その他のいくつかの事例も紹介したいと思います.


1.トライボマテリアルとしての樹脂およびフィラー
 1-1 樹脂材料
 1-2 フィラーの役割とフィラーの種類
  1-2-1 潤滑性の付与
  1-2-2 機械的強度の向上
  1-2-3 摩擦面の平滑化
  1-2-4 摩擦熱への対応

2.フィラー添加によるトライボロジー特性の向上

3.PTFEへのフィラー添加による摩耗低減メカニズム
 3-1 PTFEの特徴
 3-2 摩耗低減メカニズムに関するさまざまな研究
 3-3 カーボンブラックによるPTFEの摩耗低減メカニズム

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------


【13:50-15:20】

3. 高分子材料のトライボロジーと接触界面のダイナミクス

横浜国立大学 大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門 准教授 中野 健 氏

 
1.トライボロジーと高分子材料
 1-1 表面の形状と接触
 1-2 静摩擦と動摩擦
 1-3 摩擦の法則
 1-4 潤滑の形態と摩擦係数

2.振動の基礎理論
 2-1 持続する振動 (単振動)
 2-2 流体摩擦による振動の減衰
 2-3 固体摩擦による振動の減衰
 2-4 成長する振動 (自励振動)

3.摩擦振動のメカニズム
 3-1 静摩擦と動摩擦の差により生じる摩擦振動
 3-2 動摩擦力の速度弱化により生じる摩擦振動
 3-3 モード結合不安定性により生じる摩擦振動
 3-4 その他 (弾性体の接触界面のダイナミクスなど)

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------


【15:30-17:00】

4. 樹脂・ゴム系摺動材料の摩擦摩耗特性と適用事例

NTN精密樹脂(株) 技術部 自動車商品課 課長 石井 卓哉 氏

 
1.樹脂摺動材料の摩擦摩耗特性と適用事例
 1-1 低摩擦化へのチャレンジ
   -汎用樹脂、汎用エンプラを中心に-
 1-2 耐熱性樹脂摺動材料
   -熱可塑性ポリイミド樹脂-
 1-3 環境対応型樹脂摺動材料
   -生分解性樹脂の摩擦摩耗特性-
 1-4 樹脂すべり軸受の高精度化
   -金属との複合軸受-

2.ゴム系摺動材料の摩擦摩耗特性と適用事例
 2-1 含油樹脂摺動材料
 2-2 スーパーエンプラ摺動材料
 2-3 生分解性樹脂摺動材料、  
 2-4 高回転精度・低摩擦を実現した樹脂インサート型焼結金属すべり軸受

【質疑応答】