セミナー・書籍 新技術情報センター
セミナー・書籍 新技術情報センター
 
9月開催 共通セミナー
9月開催 医薬系セミナー
【809113】9/21 講師1名

医薬品売上予測・販売計画と経営層への予測ロジックの説明・説得

【809114】9/25 講師1名

GMP・GQPにおけるQA教育訓練 入門講座

【809105】9/27 講師1名

費用対効果分析(HTA)習得セミナー

【809124】9/28 講師3名

eCTD形式義務化(EU/FDA)後の DMF申請と維持管理

【810121】10/2 講師4名

乾癬治療薬の選定基準と新薬の臨床評価

【810111】10/5 講師4名

血液脳関門通過技術の開発動向・適応疾患と市場予測

【810101】10/5 講師1名

再生医療等製品の承認審査とカルタヘナ法への対応

【810102】10/12 講師3名

細胞膜透過性ペプチドの探索、応用、生体内安定化技術

【810112】10/18 講師3名

ゲノム編集/遺伝子治療技術の特許戦略

【810122】10/19 講師1名

医薬品の製造管理/QC&QA業務に必要な統計の基礎と実践のコツ

9月開催 電気系セミナー
【809408】9/21 講師3名

リチウム電池用ニッケル系正極の開発と電極適用技術

【809409】9/25 講師3名

パワーデバイスの高放熱・冷却技術と放熱特性評価

【809209】9/26 講師3名

樹脂/繊維複合材料の成形加工と繊維配向、衝撃解析

【809403】9/27 講師4名

高屈折率材料の設計と薄膜形成技術

【809404】9/28 講師2名

薄膜の低温成膜技術とそのプロセス、膜質の制御

【810406】10/2 講師4名

エポキシ樹脂の硬化剤選定と速硬化対応

【810401】10/3 講師1名

量子コンピュータの開発動向と応用可能性

【810411】10/5 講師4名

リチウムイオン電池の急速充放電特性の向上と、電極材料の開発

【810416】10/5 講師5名

シリコン系負極のサイクル特性改善方法

【810412】10/9 講師3名

高分子成形加工におけるレオロジーのシミュレーションと制御技術


【810402】10/10 講師3名

車載カメラレンズ用樹脂の耐熱性向上と成膜、コーティング技術

【810202】10/12 講師4名

調光・採光材料の設計, スイッチ制御,その応用,省エネ性評価

【810407】10/15 講師4名

マイクロLEDのディスプレイ応用展望とチップ集積化

【810417】10/17 講師5名

車載パワーデバイス向け高耐熱・高放熱樹脂の開発とパッケージ技術

【809406】9/5 講師4名

非侵襲ストレス計測技術の開発とその評価

9月開催 化学系セミナー
【809104】9/26 講師1名

スプレッドシートのバリデーションとデータインテグリティ対応

【809222】9/21 講師3名

人工・合成皮革の触感向上と自動車内装表皮への応用

【809204】9/25 講師3名

静電気発生のメカニズム,その対策,電荷量や誘電率の測定

【809218】9/25 講師3名

質感の認知メカニズムと定量評価

【809219】9/27 講師4名

鮮度保持包材の構造、機能発現メカニズムと開発事例

【809223】9/28 講師4名

全固体電池における固体電解質と電極の界面設計、分析

【809214】9/28 講師1名

SP値・HSP値(溶解度パラメータ)の考え方、求め方と活用術

【810201】10/3 講師3名

海外における容器包装規制, マイクロプラスチック問題の動き,その対応

【810221】10/4 講師3名

LiDARの最新動向と自動運転への応用

【810206】10/9 講師3名

シランカップリング剤の化学反応とその処理層の分析

【810216】10/10 講師4名

心拍・呼吸の非接触センシング技術とノイズ対策

【810202】10/12 講師4名

調光・採光材料の設計, スイッチ制御,その応用,省エネ性評価

【810211】10/12 講師2名

プラスチック・ゴム材料の トラブル要因解析テクニック

【810222】10/12 講師2名

二軸混練押出機のスクリュ設計、混練条件設定

【810212】10/16 講師3名

3D映像酔いのメカニズムと その評価法、生体への影響

【810217】10/17 講師1名

塗布膜乾燥のメカニズムと膜厚分布の制御

【810207】10/18 講師3名

アパレル製品とその素材の快適性向上と商品化事例

9月開催 土木系セミナー
9月開催 その他セミナー
【809508】9/21 講師4名

自動車業界における 未来予測と技術ロードマップと製品開発への落とし込み方


【809509】9/26 講師3名

既存工場への協働ロボットの導入・活用の仕方

【810506】10/9 講師4名

未来予測による 研究開発テーマ創出の方法

【810501】10/11 講師3名

「顔・表情」の計測・解析とその応用

【810507】10/16 講師1名

工場への 『CPS・IoT・AI』 導入における 費用対効果の考え方と経営者説得の方法

【810502】10/16 講師3名

IoT・AI 開発・導入における共同研究開発の進め方、留意点

【809506】9/6 講師2名

工場へのIoT・AI導入方法

10月開催 共通セミナー
10月開催 医薬系セミナー
【810123】10/17 講師2名

毛/虫/ペストの混入防止対策と原因究明手法

【810103】10/23 講師3名

ペプチド医薬品の合成・製造技術とスケールアップ

【810124】10/25 講師3名

試験検査室での生データの取り扱いとデータインテグリティ対応

【810113】10/26 講師1名

新興国医薬品市場における医療保険・薬価制度の概要と薬価取得戦略

【810104】10/26 講師2名

医薬品マーケティングの基礎講座【理論と事例、エクセル実習で学ぶ】

【810114】10/29 講師3名

開発新薬の市場性/事業性に関する経営層への"説明説得"と売上予測・PJ評価

【811121】11/6 講師4名

プレフィルド・キット製剤の使用感と製品開発

【811122】11/7 講師3名

診断薬における希望点数算定と保険適応申請の進め方

【811101】11/9 講師2名

知財(IP)ランドスケープの分析、評価、活用法~ライフサイエンス分野における~

【811111】11/9 講師2名

いちからわから製薬業界におけるデジタルマーケティング入門講座

【811112】11/13 講師1名

GMP工場における品質リスクの抽出・評価手法

【811101】11/16 講師1名

【再生医療、細胞治療における】細胞培養技術の特許戦略

【810121】10/2 講師4名

乾癬治療薬の選定基準と新薬の臨床評価

【810111】10/5 講師4名

血液脳関門通過技術の開発動向・適応疾患と市場予測

【810101】10/5 講師1名

再生医療等製品の承認審査とカルタヘナ法への対応

【810102】10/12 講師3名

細胞膜透過性ペプチドの探索、応用、生体内安定化技術

【810112】10/18 講師3名

ゲノム編集/遺伝子治療技術の特許戦略

【810122】10/19 講師1名

医薬品の製造管理/QC&QA業務に必要な統計の基礎と実践のコツ

10月開催 電気系セミナー
【810418】10/22 講師4名

高周波対応基板材料の低誘電率、低誘電正接化と伝送損失低減

【810413】10/23 講師4名

高分子の摩擦・摩耗メカニズムとその制御、シミュレーション手法

【810408】10/24 講師4名

VRに向けた感覚の提示技術

【810414】10/24 講師4名

分子動力学シミュレーションを用いた材料開発と、その適用事例

【810403】10/25 講師3名

第一原理計算による材料設計、解析手法と活用事例

【810409】10/29 講師3名

セルロースナノクリスタルの調製、分散安定性向上と応用

【810404】10/30 講師4名

高周波磁性材料の磁気特性向上とその評価、計測技術

【810419】10/30 講師4名

自動運転実用化に向けたドライバモニタリング技術と車載HMI開発

【811411】11/5 講師1名

エクセルギーの基礎、計算手法と産業分野での利用方法

【811416】11/6 講師4名

自動車室内騒音の発生メカニズムと軽量防音材の開発

【811401】11/8 講師3名

航空機電動化の技術開発動向と市場予測

【811412】11/9 講師6名

自動車排気ガス規制の動向、浄化触媒の貴金属使用料低減と劣化対策

【811406】11/9 講師4名

リチウム電池用セパレータの開発と耐熱、安全性向上

【811407】11/12 講師3名

防曇・防汚表面の設計と高機能化

【811417】11/14 講師4名

マテリアルズインフォマティクスを用いた材料設計と企業での活用事例

【811402】11/15 講師1名

~Excel演習付きで学ぶ~光学多層膜の特性解析と最適設計

【810406】10/2 講師4名

エポキシ樹脂の硬化剤選定と速硬化対応

【810401】10/3 講師1名

量子コンピュータの開発動向と応用可能性

【810411】10/5 講師4名

リチウムイオン電池の急速充放電特性の向上と、電極材料の開発

【810416】10/5 講師5名

シリコン系負極のサイクル特性改善方法

【810412】10/9 講師3名

高分子成形加工におけるレオロジーのシミュレーションと制御技術


【810402】10/10 講師3名

車載カメラレンズ用樹脂の耐熱性向上と成膜、コーティング技術

【810407】10/15 講師4名

マイクロLEDのディスプレイ応用展望とチップ集積化

【810417】10/17 講師5名

車載パワーデバイス向け高耐熱・高放熱樹脂の開発とパッケージ技術

10月開催 化学系セミナー
【810210】10/4 講師1名

SP値・HSP値(溶解度パラメータ)の考え方、求め方と活用術

【810218】10/22 講師3名

繊維への抗菌・抗ウイルス加工と性能評価

【810213】10/23 講師3名

偏光・複屈折の基本原理と計測・解析・活用事例

【810203】10/24 講師4名

晶析プロセスの機構,装置と操作条件, スケールアップ,トラブル対策および結晶解析

【810208】10/24 講師3名

潜在ニーズの見える化、新製品開発への応用

【810209】10/25 講師4名

自動車外装部材への加飾技術

【810214】10/25 講師3名

嗅覚・匂いセンサの高感度化と最新動向、応用展開

【810224】10/26 講師2名

ポリウレタンの構造、物性と劣化、変色対策

【810219】10/30 講師3名

樹脂/繊維,フィラーの複合化に向けた無水マレイン酸変性技術

【810204】10/31 講師1名

国内外化学物質規制法の2019年予測と実務対応のポイント

【811201】11/5 講師5名

ポリマーアロイの作り方,相溶性向上,構造制御とその解析

【811202】11/6 講師3名

電子機器,回路基板おける防錆,防食,防水防湿技術とその応用

【811216】11/7 講師1名

マルチモーダルにおける感覚の相互作用とその応用

【811221】11/7 講師3名

CFRPの界面設計とその制御―界面接着性、層間の強度と靱性―

【811222】11/8 講師3名

触感、質感の認知メカニズムとその評価技術

【811211】11/12 講師1名

アクリレートモノマー・オリゴマーの 種類、特徴、合成法と新しい分子設計の考え方

【811217】11/13 講師3名

発泡樹脂の気泡構造制御と強度向上

【811212】11/13 講師3名

リチウム二次電池のリアルタイム計測と評価ノウハウ

【811206】11/14 講師2名

濾過のメカニズム、プロセス設計と運転条件、スケールアップ
■ 講師
1.横浜国立大学 大学院工学研究院 機能の創生部門 准教授 博士(工学) 中村 一穂 氏

2.三菱化工機(株) 産業機械技術部  産業機械設計1G グループリーダ(課長) 細野 武彦 氏
  三菱化工機(株) 企画本部 研究開発部 担当部長 大森 一樹 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成30年11月14日(水) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき 55,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円〕


   
※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム


【10:00-14:45】(45分の昼食休憩を含みます)

1.濾過のメカニズムとプロセス設計

横浜国立大学 大学院工学研究院 機能の創生部門 准教授 博士(工学) 中村 一穂 氏

 
【講座の趣旨】
濾過現象は、対象となる懸濁液の特性、分離の目的に応じた様々な濾材・濾過装置、操作条件など、様々な因子の影響を受ける複雑な現象です。ろ過プロセスを最適化するには、この濾過現象を理解していく必要がありますが、実際には理論的な扱いが難しいことが多く、経験の蓄積が重視される技術分野でもあります。本セミナーでは、固液分散系の特徴とその評価、圧力損失の基礎、濾過と濾材の種類、濾過メカニズムと数式表現と設計、濾過プロセスの最適化法についてわかり易く概説し、濾過技術に関連する知識の全体像を習得します。


1.はじめに ~濾過プロセスの概要~

2.固液分散系
 2.1 水・溶液に関する基礎知識
 (1)溶液物性 粘度、密度
 (2)移動現象 拡散係数、レオロジー
 2.2 固液分散系
 (1)溶質、コロイド、微粒子 粒子径分布
 (2)微粒子群の挙動 沈降特性
 (3)分散・凝集と界面化学 ゼータ電位

3.圧力損失の基礎
 3.1 圧力損失はなぜ起きるか
 (1)粘性の法則
 (2)圧力損失のモデル式 円管、粒子充填層
 3.2 濾過プロセスにおける圧力損失
 (1)濾材の圧力損失
 (2)粒子の捕捉と圧力損失
 (3)ケーク層の形成と圧力損失

4.濾過と濾材の種類
 4.1 濾過の種類 深層濾過、濾材濾過、ケーク濾過
 4.2 濾材の種類
 (1)深層濾過の濾材
 (2)フィルター・膜
 (3)ケーク濾過
 4.3 濾過のメカニズムと数式
 (1)濾過現象の数式表現 粒子の阻止、圧力損失
 (2)深層濾過
 (3)ケーク濾過
 (4)膜ろ過 精密ろ過、限外濾過、逆浸透

5.濾過のメカニズムと数式
 5.1 濾過のメカニズムと数式
 (1)濾過現象の数式表現 粒子の阻止、圧力損失
 (2)深層濾過
 (3)ケーク濾過
 (4)膜ろ過 精密ろ過、限外濾過、逆浸透
 5.2 濾過データの解析

6.濾過プロセスの設計
 6.1 ラボ実験による濾過特性評価
 6.2 濾過データの解析とスケールアップ手順
 6.3 濾過プロセスの設計
 (1)ラボ実験による濾過特性評価
 (2)濾過データの解析とスケールアップ手順
 (3)濾過プロセスの設計

7.濾過プロセスの最適化法
 (1)凝集による前処理
 (2)ろ過助剤
 (3)運転・計測・管理

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:00-17:00】

2.濾過・分離装置の種類、特徴と操作、スケールアップの実際

三菱化工機(株) 産業機械技術部  産業機械設計1G グループリーダ(課長) 細野 武彦 氏
三菱化工機(株) 企画本部 研究開発部 担当部長 大森 一樹 氏

 
1.固液分離装置

2.濾過事例

3.濾過操作要素
 3.1 ルースの定圧濾過式
 3.2 濾過操作要素の影響
  (1)回転速度
  (2)サイクル時間
  (3)スラリー濃度の影響
  (4)濾過操作要素:濾過圧力、濾液粘度、濾液比重の影響
 3.3 脱液操作
  (1)ケーキ含液率
  (2)脱液性能
  (3)ラボ試験の脱液操作
 3.4 スケールアップ

4.スケールアップ事例

【質疑応答】

【811207】11/16 講師1名

高分子重合反応と高分子材料設計

【810201】10/3 講師3名

海外における容器包装規制, マイクロプラスチック問題の動き,その対応

【810221】10/4 講師3名

LiDARの最新動向と自動運転への応用

【810206】10/9 講師3名

シランカップリング剤の化学反応とその処理層の分析

【810216】10/10 講師4名

心拍・呼吸の非接触センシング技術とノイズ対策

【810202】10/12 講師4名

調光・採光材料の設計, スイッチ制御,その応用,省エネ性評価

【810211】10/12 講師2名

プラスチック・ゴム材料の トラブル要因解析テクニック

【810222】10/12 講師2名

二軸混練押出機のスクリュ設計、混練条件設定

【810212】10/16 講師3名

3D映像酔いのメカニズムと その評価法、生体への影響

【810217】10/17 講師1名

塗布膜乾燥のメカニズムと膜厚分布の制御

【810207】10/18 講師3名

アパレル製品とその素材の快適性向上と商品化事例

10月開催 土木系セミナー
10月開催 その他セミナー
【810501】10/18 講師3名

「顔・表情」の計測・解析とその応用

【810503】10/22 講師4名

研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方


【810508】10/23 講師2名

IPランドスケープの手法と効果的な活用の仕方

【810504】10/25 講師1名

人工知能を活用した実験計画法と最適条件の見つけ方

【810509】10/26 講師1名

研究開発テーマにおける 費用対効果の考え方とその算出方法

【811506】11/7 講師4名

新規事業テーマの発掘とその進め方

【811507】11/12 講師4名

オープンイノベーションのための社内協力体制の作り方・意識の変え方

【811501】11/12 講師2名

"空飛ぶ車"の実用化と求められる新材料、新技術

【811502】11/14 講師4名

オープン&クローズ戦略と知財マネジメントの実施

【810506】10/9 講師4名

未来予測による 研究開発テーマ創出の方法

【810501】10/11 講師3名

「顔・表情」の計測・解析とその応用

【810507】10/16 講師1名

工場への 『CPS・IoT・AI』 導入における 費用対効果の考え方と経営者説得の方法

【810502】10/16 講師3名

IoT・AI 開発・導入における共同研究開発の進め方、留意点

 
申込先 新技術情報センター

主催 出版会社一覧

A:(株)新技術情報センター B:(株)経営開発センター C:(株)建設技術協会
D:(株)科学ブレーン社 E:(株)技術情報協会 F:(株)企業研修協会
G:(株)技報社

Copyright (c) 2005 .新技術情報センター. All Rights Reserved.